【最短の上達法】韓国語リスニングとスピーキング上達のための練習方法とおすすめ教材・スクール

Korea

韓国語を勉強しているけど、なかなかリスニングが上達しない。

実践で話そうとするとスピーキングがうまくいかない。

という方。

記事の内容

韓国語のリスニングとスピーキングは、「聴いて」「まねして発音」することを繰り返すだけで、2か月~3か月で簡単な日常会話、6か月である程度の日常会話が使えるくらいになります。

実際に効果がでる練習方法や、おすすめ教材、おすすめスクールを紹介していきます。

筆者は、韓国語を基本的に「聴いて」「まねして発音」して覚えました。

筆者は、韓国語をほとんど書けませんし、読むのも非常に遅いですが、
日常会話は問題ないと思っています。

実際、韓国語の体験レッスンで「日常会話レベルは問題ないレベル、表現や単語力を身につけていけば、半年でビジネスレベル」と評価されました。

韓国語を「聞いて」「まねして発音しよう」

みなさんは日本語をどうやって聞き取って話せるようになりましたか?

文字から覚えましたか? 文法から覚えましたか?

違いますよね?

お父さんやお母さんから「聞いて」、「まねして発音して」日本語を話せるようになりましたよね?

韓国語を勉強しているけど、実際の会話で使えなかったり、聞き取れなかったりするのは、実はこの「聞いて」「まねして発音する」訓練が圧倒的に足りてないだけです。

リスニングとスピーキングは同時に伸びる!

リスニングを上達させたい場合は、スピーキングを同時にやることで一気に伸びていきます。

「人間は、話したことのない言葉は聞き取るのは難しいと言われています。

自分が韓国語を「聴いて」、「まねして発音」した韓国語を自分の耳で「聴く」ことで韓国語のリスニング力がアップしていきます。

韓国語のリスニングとスピーキング上達のための訓練方法

Point

・とにかくたくさん聴いて発音しましょう(おすすめ教材)
・聴こえたまま発音しましょう。
・自分の発音を翻訳アプリに話してみましょう
・韓国人と会話をしてみましょう。

とにかくたくさん聴いて発音しましょう(おすすめ教材)

韓国語のリスニングとスピーキング上達のためのおすすめの教材を紹介していきます。

Audibleで韓国語を聴く

AmazonのAudibleというオーディオブックのサービスがおすすめです。

オーディオブックとは、プロのナレーターが本を読んでくれるサービスです。

韓国語のオーディオブックは、もちろんネイティブが読んでくれるので、生の韓国語を聴くことができます。

AudibleのおすすめPoint
  1. 月額1,500円で月1冊無料(最初の30日は無料)
  2. 会員向け特別価格で追加購入可能
  3. 購入した本は退会しても聴ける
  4. 購入した本が気に入らなかった場合、交換可
  5. 再生速度を変えられる

>>>Audible無料体験<<<

月額1,500円で月1冊無料が基本ですが、最初の30日間は無料です。
購入した本は、退会しても聞けるし、交換可能なので、とりあえず1冊だけ試してみるのをおすすめします。

たくさん聴くには、スピード調整機能は必須です。
筆者は 大体1.2倍速~1.5倍速をメインで聴いて、何度も聴いたものは2.0倍速で聴いています。

おすすめのオーディオブックを紹介していきます。

単語を覚えるならこちらがおすすめ

聞いて覚える単語帳のキクタンシリーズです。ただし、文字を見たい方や例文の文章を読む場合は本の購入が必要です。

>>>Audible無料体験<<<

実際に使える表現を覚えるならこちらがおすすめ

日常会話で毎日使う単語やフレーズを覚えられます。毎日の生活しながら一人でつぶやきながら覚えました。

韓国旅行でそのまま使える短めのフレーズが日本語→韓国語の順番で流れていきます。

2泊3日の韓国旅行程度で使うだけならこれで十分かも。

こちらも旅行でよく使う単語やフレーズを覚えるオーディオブック。最初の言葉、食べ物、交通、数字、買い物など14のレッスンがあります。各レッスンの後に覚えた言葉の練習ができる練習セクション も付いています。

接客する側の韓国語のフレーズを覚えられるオーディオブック。

>>>Audible無料体験<<<

長文や物語を聞き取れるようになりたい方はこちら。

シンデレラなどの昔話計13編を聴くことで、韓国語初級完成レベルの実力を身に付けられる教材。
日本語訳は本の購入が必要ですが、なくても内容が分かるので練習になります。

「アリとキリギリス」「みにくいアヒルの子」韓国語中級完成レベルの実力を身に付けられる教材。
日本語訳は本の購入が必要ですが、なくても内容が分かるので練習になります。

まずはAudible無料体験を試してみてください。

聞こえたまま発音しましょう

先ほど紹介した教材を聞いたら、聞こえたまま発音しましょう。

これが一番大事です。

韓国語にはパッチムやリエゾンなど、様々な発音の法則があります。
正しく読むことに一生懸命になりすぎて、文章になるとスラスラ読めない方が意外と多いです。

言葉はそもそも相手に伝わることが大事なので、

間違いを恐れず聞こえたまま発音しましょう

一つの文章を何度も聞いてそのまま発音してみましょう。
最初のうちは、できるだけ、すぐに使いそうな文章でいいです。

ちなみに筆者は、あいさつ以外で初めて使った韓国語が
「クンバンカッタオルケヨ(すぐに戻ってきます)」
でした。

韓国人の友達とご飯を食べに行って、ちょっと席を外すときの言葉を教えてもらって、その日のうちに何度も使って覚えました。

もちろん聞こえたまま発音をして、正しい発音をフィードバックしてもらったので発音をばっちりです。

自分の発音を翻訳アプリに話してみましょう

単語ではなく短い文章でやるのがおすすめです。

翻訳アプリの音声入力を「韓国語」にし、「聞いたままの韓国語フレーズ」をスマホに向かって話します。
日本語の訳が正しく出ればOKです。

日本語訳が正しくなければ、もう一度文章を聴いて、再トライを繰り返しましょう。

これでもかなり身に付きますが、さらにステップアップしたい方は、と実際に韓国人に自分の韓国語を聴いてもらいましょう。

韓国人と会話をしてみましょう

韓国人の知り合いがいるなら、韓国人にどんどん話しかけて、間違っているところを教えてもらいましょう。

もし周りに韓国人がいなければ、まずは、お近くの韓国語のスクールを探しましょう。
アウトプットの練習をすれば飛躍的に韓国語の力がアップすると思います。

もし、まわりに韓国語のスクールがない場合は、オンラインスクールも検討してみましょう。

韓国語おすすめオンラインスクール
スクール料金体験レッスン
ECC韓国語コース4,180円~/回無料
Kアカデミー月3,700円/2回無料
NOVA28,000円/4回無料

ベルリッツ(韓国語

6,000円~8,000円/回無料
italki1,000円程度~/回×

まとめ

Point

・韓国語のリスニングとスピーキングは「聴いて」「まねして発音」するのが大事
・おすすめの教材はオーディオブック
・自分の発音を翻訳アプリで確認
・総仕上げは韓国人と直接話す

韓国語はあくまでコミュニケーションをとるための道具です。

間違ってもいいので、「聴いて」「まねして発音」を繰り返して、自分の伝えたいことをどんどんアウトプットしていきましょう。

語学はいったん身につけると自分の財産になります。

一緒に頑張って韓国語でたくさんコミュニケーションをとっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました